前へ
次へ

不動産と土地に関する問題点の話

将来、家を買うことを考えている方にとって消費税の問題は重要なことです。
消費税は時代時代によって税率が違うので、税率の高い時期に不動産を所持しようと考えると損をすることがあります。
しかし、不動産を所有したい時期というのが、都合よく税率が低い時期と重なることは運次第なので、消費税のことを気にしすぎると不動産選びも失敗に終わってしまう可能性が高いです。
なので重視したいこととして、家を建てる土地選びのことを一つのポイントにしたほうが良い結果が得られやすいでしょう。
不動産選びのポイントとして借家を借りたり、建売の家を購入したりする場合は土地のことを考える必要はないですが、そうでない場合は土地のことを意識して不動産選びを考えたほうが物事が捗りやすいでしょう。
つまり、注文住宅の場合は住居費と土地代のことを考える必要があるので、まず第一優先に立地条件を重視することで、その土地での住宅のイメージが湧いてくるので、その後に家を建てたほうが段取り上うまくいくということです。

Page Top